新着

ブログ

夫が、干し柿を作ったのですが、この気候ですから難しいのではないかと心配をしています。12月になって寒気が入ってくれば、乾くと思うのですが・・・我が家には、大きな柿の木が1本あります。渋柿です。ここまで作るのが大変です。後は、天候次第です。食べられるといいです。
昨日、サツマイモを掘ってみました。10月の台風で畑が湿っていて、中には、腐っていたのもありました。栽培するのは、自然任せのところもあり難しいです。12月中旬に宿泊客があります。目的は、紅葉と乾燥芋です。そのために私が、事前に作っておいて持ち帰ってもらうのです。もちろん農泊体験ができるのがベストですが、日数もかかります。そういう時は、お手伝いをすることにしています。最近、ずっと住み続けている「いすみ市」のよさを宿泊客の皆さんから学んでいます。星空もとっても奇麗なのです。来年の目標は、「星空のソムリエ」の資格をとることです。頑張ります。ロマンがあって夢があるっていいね。
今日、久しぶりに、いすみ市「港の朝市」に行ってきました。新鮮な海の幸、山の幸が並んでいました。イセエビや干物をその場で焼いている匂いが鼻をムズムズさせました。漁港内では、たくさんの釣り人がいました。東金や市原からきていました。何を釣っているとおもいますか。「ハゼ」です。ちょっと見せてもらいましたが、10匹ぐらいバックの中に入っていました。てんぷらにして食べると美味しいだろうな。
今年も、布施地区に「コハクチョウ」が、やってきました。今日は、昨日とは違った場所でした。全部で21羽いました。日に日に数が増えてきています。皆さん、よろしかったら散歩に来ませんか。
ブログ
11/10
皆さん、これは何だと思いますか。実は「里芋」の葉や茎は、食べられるのです。里芋の茎を刈り取って、皮をむき、天日に干すと、写真のようになってきます。保存食です。これを食べるときは、水にもどして、みそ汁や煮物にして使うとよいそうです。良く、みそ汁の中にいれて食べた記憶があります。捨てるものはないのですね。先人の知恵です。
これは、何の実でしょう。野山に行くと、紫色の実をつけた木を見かけるようになりました。口が空いているのを「アケビ」、口が閉じているのを「むべ」というそうです。とってもきれいな色です。食用になります。私も、小さいころよく食べました。野山の散策もよい季節になりました。
ブログ
10/12
落花生の収穫をしました。この品種は、「おおまさり」といって、とても大きいです。塩ゆでするととてもおいしいです。まだ、半分残っているので、台風がさってから収穫をします。台風の被害がないことを祈っています。
28日に勝沼まで「ブドウ狩り」にいってきました。高速道路は、事故車と故障車で大渋滞でした。同じ姿勢で車の中にいるのも大変ですが、遊びに行くので、我慢我慢です。もう遅いのですね。シャインマスカットは、1キロ2300円でした。高級フルーツです。
こんにちは、すっかりご無沙汰をしました。今年も大原に「裸祭り」がやってきました。東京から女子大生が来ていましたので、ご案内をしました。今年は、強風だったので,浜の砂ぼこりが舞い上がり塩分と砂が合体して、ざらざらになってしまいました。波も高かったのですがとにかくみんな、元気。あのパワーはどこからでてくるのでしょうか。市の職員にお会いしました。早朝から、砂浜の掃除をしていたのです。イベントは、見えない人たちのボランティアで支えられているのですね。ありがたいです。私は、ふるさと「大原」を感じました。ずっと、忘れないでほしいです。
これは、「タイガーメロン」と言います。去年から栽培を始めました。今年は、残った種をばらまきしたので捨てられなくて、たくさんの人たちが栽培にチャレンジをして、今頃、食べているのではないかと思います。このメロンは、初心者でも、大丈夫なところがメリットです。しかも、病気や天候に左右されないのです。今朝、収穫をしました。初めは、小さなスイカに似た実をつけます。実がだんだん大きくなり,縞模様がなくなり全体がこのように黄色くなります。皮をむくと中は、白いです。糖度もあり美味しいです。今年も種を摂りますので皆さんもチャレンジをしてみるといいですね。
皆さん、お久しぶりです。明日は、もう9月です。8月17日にいすみ鉄道でイベントがありました。東京の女子大学生がいすみ鉄道でアテンダントをおこないました。国吉駅と大多喜駅でジャズコンサートもありました。私が一番楽しみにしていた、ランタンフェスティバル。夜,、大多喜小学校のグランドでランタンを持ち上げたのです。台湾がブームになっていますが、大多喜城がライトアップされて、満月の日でした。それはそれは、幻想的でした。本当は、明かりが写らなくてはいけないのですが、白くなってごめんなさい。また、来年も開催されますように願っています。
 私は、昨日、「佐原市」を訪れました。佐原市といえば「伊能忠敬」を思い出します。没後200年になるそうです。今回の目的は、古民家や蔵の再生でした。江戸時代、小野川両岸とその周辺には、河岸問屋や醸造などの商工業者が軒を連ねていました。現在も隆盛を極めた当時を思い起こさせる商家が立ち並び、商都として歴史的景観を残しています。この町並みを生かしたまちづくりへの取り組みもあって、平成8年に「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されました。複数の企業と市が連携を結び見事に蘇ったのです。それは、見事の一言です。実際に見てきてよかったです。帰ってきてからも、ずっと興奮していました。フットワークは、とても大切です。いすみ市は、どう変わっていくのかな。とっても楽しみです。そして、一市民としてどんな協力ができるのかな。少し、画像で紹介します。
こんばんは、私は生まれて初めて生の蛸を自分で処理をしました。生の蛸は、白いです。手順を伝えます。まず、頭の中に手を入れてひっくり返します。内臓をとるためです。きれいに洗ったら元に戻します。それからが大変です。塩をたくさん振って、力を入れてもんでぬるめを完全に取り除きます。沸騰したお湯の中に入れて15分ぐらい茹でます。ぬるめを取るための方法として、よく洗濯機を使います。今回は小ぶりだったので手もみをしました。なんでも食べるようにするのは、時間もかかるし苦労と工夫が大切なのですね。蛸のプレゼントをしてくださったお友達、ありがとう。
今年は、小さなブドウがたくさん実っています。毎年、虫に食べられてしまうので、今年こそと思い、昨日、袋を買いに行きました。袋を初めて掛けたのですがこれが、すごく大変なことです。ひと房ずつかけるのは想像以上に時間がかかります。ブドウ農家の苦労が分かる気がします。なんでも、やってみて初めて理解できるのですね。苦労した分だけ、食べることができるかな。楽しみだったり不安だったり。ブドウは、挿し木でもつきます。やってみてください。毎日毎日、雨で本当に困ります。元気なのは、草だけです。私も、雑草のようにたくましくなりたいと思う今日この頃です。
皆さん、お久しぶりです。やっと一息をつけるようになりました。毎朝7時にカボチャとスイカの受粉作業をしています。今年はとても好調です。特に、黒いスイカがとても大きくなりました。食べごろになると上からカラスが見ていてつっつきにきます。そういう場合は、黄色いてぐすを一本張るとよいそうです。でも、この黒いスイカは食べないのです。なぜですかね。このスイカは,皮がとても厚いです。だから,痛みもなかなかこないです。初心者でも作れます。あと、「黄桃」と「ブドウ」の実がたくさんついています。これから袋を買いに行って虫よけをします。
6月3日に台湾の女子高校生たちが我が家に来ました。みんな美人で心がとってもきれいでした。到着が遅れたのでちょっと大変でしたが、軽く日本茶と日本のスィーツで歓迎しました。早速、東地区へ蛍ウォッチングに出かけました。今回は、スペシャリストのガイドさんをお願いしたのでとっても助かりました。蛍が光っているのは、オスだけです。蛍の世界は7対1で、7がオスの数です。私の家には、15時間しかいませんが、お別れは写真のように涙涙になります。帰るときに渡された手紙を紹介します。「お会いできてうれしいです。ここに泊まっていろいろな話をしました。夕食はとても豪華で美味しかったです。また、お会いできる機会があればと思います。ありがとうございまはた。」ひとりの女の子が誕生日だったのです。本当に偶然だったのですが、ケーキがあったのです。台湾の人たちは、スィーツが大好きなのが分かっていたからです。偶然にしてはできすぎかな?また、会いたいです。国は違っても心は通じるのです。ありがとう。
ソラマメの収穫時期になりました。この写真は、一番上の葉に、アブラムシが付きやすいので、大きな鎌で刈り取ります。それにしても、今年のソラマメの茎丈の長さです。ものすごく長いのです。実は、昨日の風雨でだいぶ倒れました。今週中には、収穫をしなければいけないと思いますが、すごい面積なので一人では困ったな。同じ姿勢で長時間の作業は、とっても腰が痛くなります。東京では、高級野菜だそうです。明日、収穫して孫のところに送ります。後は、スープにしたり羊羹を流したりします。この二つの料理は、とっても美味しいです。我が家の野菜は、すべて無農薬です。贅沢かもしれませんが、自分が口にするものですから安全なものを食べたいです。明日が大変かな
今日は、雨。野菜には、ちょっといいかもしれません。昨日、友達から「赤いソラマメ」をいただいてきました。普通のソラマメよりさやの大きさは小さいです。緑色の皮をむくと赤いソラマメが出てきます。昨夜、もち米を浸しておいたので蒸してみました。もち米の上に赤いソラマメを置いて蒸します。途中、塩水を打ち水に使って混ぜるのです。もう一度蒸し上げます。「いや、美味しい、美味しい。美味しいよ。」ソラマメが美味しいから納得します。来年は、絶対に栽培をしたいと思っています。さやが小さいからたくさんできるそうです。80歳になる友達は、なんでも知っています。すごいね。知恵袋を持っていていっぱいつまっています。料理は、チャレンジするワクワク感がありますね。ありがとう。