新着

ブログ

   届いたアジは、下処理をして三枚におろしてから、味噌とショウガを入れて混ぜ、ひたすらトントントンと叩きます。もうここまでするのに時間がかかり、このトントントンでまた力が必要なのです。美味しいものをいただくのは大変ですね。だから、手作りは美味しいのかな?。はやく食べたいよ。頑張ります。だって、漁師さんが届けてくださったのですからね。ありがとう。
ブログ
08/19
         「やったね。アジが届いた。」私は、アジが大好きです。いまにも飛び跳ねそうでした。「ピンピンしているけど、どうしたの?」と聞いてみたら、「釣ってきたんだよ。」と教えてくれました。私の母は、美味しいものは一人で食べてはいけないとよく言っていました。「お福分けだよ。」と。つまり、福を分けるのです。とっても素敵な言葉でしょ。その母も、95歳になりました。市川に住んでいるので、コロナのためにずっと会っていません。お母さん、頑張って捌くからね。
   皆さん、お元気ですか?。散歩をしていたら、大きな大きな「ヒマワリ」の花を見つけました。この花を見ると思い出すお話を紹介しますね。確か30代後半だったと記憶しています。勤めていた職場で何かの打ち上げをしました。島倉千代子さんの「鳳仙花」という演歌を歌いました。とっても優しい歌なのですが、歌い終わったら上司が近寄ってきました。「植村さん、上手に歌えたね。でも、君には、鳳仙花よりヒマワリのほうが似合っているよ。」とにこっとしながら言ってくださったのです。今では、亡くなってしまったのでお会いすることはありませんが、このヒマワリの花が故人を思い出させてくれています。多分、いつも元気だった私のことを知っていたので、太陽に向かっていつでも輝いて生きるんだよ。」というメッセージだと考えています。花って、人を思い出させてくれるのですね。懐かしいです。元気ですよ。  
   今日はちょこっと出かけたのですが、いつもと違う道を通りました。いすみ市は、美味しい米どころとして有名です。かつては、御献上米になっていたのです。ローカル線「いすみ鉄道」は、この写真の田んぼの中を走っています。「あっ、コンバインがでている。」と言うことは、稲刈りが始まったということです。お盆が終わったのでいよいよですね。ちょうどお昼だったので、エンジンを止めて昼食に行ったのでしょう。これから先、毎日、稲刈りの風景を見ることになります。去年と違って米価が安定し、労働に見合った値段になるといいのですが・・・。新米がもう少しで食べられますね。
   皆さん、この写真が何か想像つきますか?。手作りです。私も観察するのに購入したのですが、ネジが多くて組み立てるのが、凄ーく大変です。1回だけ組み立てて、しまい込んでいます。答えは「望遠鏡」です。いすみ市には、「いすみ星空学校」があります。星のソムリエの資格・観望会・望遠鏡の使い方・小学生向けのコスミックカレッジなどの活動を定期的に行っています。11日の研修で、手作り望遠鏡を行ったのですね。よく見えますよ。これは、楽しいし夜観察する子供たちが増えると思います。身近に宇宙を感じてくれたら最高ですね。
   全国の皆さん、お元気ですか?。いすみ市のコロナウイルス感染者数が、今日の新聞では78人と報告されています。人口が少ないので、とってもとっても多いのです。私は、自己防衛しかないと考えています。動きも慎重になっています。でも感染しないという保障はありません。緑豊かな自然の中で生活できることを幸せに感じています。今朝、畑に行きました。黄色い雄花を探して雌花に花粉を付けました。スイカとカボチャは、毎朝この作業をしないと、実がつかないのです。付いたとしても、すぐにポロリと落ちてしまいます。結実させるまでには、たくさんの世話をしなければいけないのが農業なのです。
ブログ
08/16
   東京に嫁いだ娘夫婦と孫たちが2泊の予定を急遽変更して、日帰りにしました。手作りボートに乗っている孫は、私のところに来て、「ババ、僕ね、泊まりたいから着替えを持ってきたのだけど、どうして泊まれないの?」と聞いてきました。「いすみ市は、コロナになっている人たちがとても多いんだよ。東京も同じでしょ。すぐにみんなにうつすので大変だよ。何にもなくて帰るには、泊まらないのが幸せにつながるのね。コロナが静かになったら、迎えに行くから泊まれるよ。それまで我慢してね。」と説明をしました。これでよかったのかなあと自問自答する私でした。一日たって考えると「これでよかったんだ。NOと言えて間違いではなかった。」と考えています。NOと言うのは勇気がいります。でも、誰かが言わないといけないのです。苦しい決断でした。
ブログ
08/16
   私は、農業体験希望の宿泊客の受け入れをしています。最近のお客さんから、経営者の私が壁にぶつかっています。農業体験は、1 年に1回の体験がほとんどです。つまり、春先の種まきか苗植えの体験、夏から秋にかけての収穫体験です。先日、キュウリを2本切る体験をした小学生がいらっしゃいました。真っ直ぐに伸び、触ると痛かったので新鮮さがよく分かったはずです。その場で、苦労や栽培の仕方を説明したのですが、最終的には、食べることはなく、生ごみとして処理されていたのです。ショックではありましたが、私のやり方が悪いことに気づきました。1回だけの体験では分からないのだということです。途中の成長は、私が管理をしてもいいから、はじめと終わりの2回の体験が必要なのです。小学校では、自分の苗をずっと観察しながら育てていますからね。今後のやり方を変えようと思っています。気づかせてくれたお客さん、ありがとう。
   風が強く湿度が高いですね。お元気ですか?。カボチャの近くに、全く見覚えのない植物が、黄色い花を咲かせ、実をつけているのです。種まきや苗植えをしたこともありません。これは、いったい何だろう。野菜を栽培してきましたが初めてのことです。グーグルレンズで調べることにしました。無料アプリなのですが、とっても便利ですよ。皆さんも、ダウンロードをしておくといいですね。「ズッキーニ」と言うことが分かったのですが、だれが植えたのですかね。種が飛んできたのですかね。不思議なズッキーニです。虫が花粉付けをやってくれたのでしょう。しばらく見守りします。
   私の家は、いろいろな宿泊客が利用してくださいます。その中のお1人を紹介します。星空の写真を撮る人だったのでチェックインは午後10時ごろでした。その時に、撮影した写真の処理をするために、夜のつまみと缶ビールを購入してきたのは知っていました。当然、チェックアウトの時にゴミになりますよね。私は、お客さんに「そのゴミは、ここに置いて行っていいのですよ。お預かりします。」と言ったのです。「いえいえ、これはぼくのゴミですから。」と言って宿泊場所には置いていきませんでした。山登りをする人は、ゴミは必ず持ち帰ることを聞きました。私は、この光景の後、どこかに行ってお菓子などが入っていた袋などは、自分のバックに入れて持ち帰るようにしています。お金では買えない素晴らし学習をすることができました。ありがとう。あなたのことは、絶対に忘れません。再会できるといいな。
   この写真は、私の知り合いのブドウ棚です。数種類の品種が混ざっています。紫色になっているのもありますが緑色のもあります。もう少しかな?、食べられるようになるには・・・消毒もしていないので、ここまで実らせるには、管理が大変だろうな。我が家のブドウは、実ることは実りますが、途中で虫に食べられてしまいます。育てることは、何かが大切なのでしょうね。人を育てること・野菜や果物を育てることは、何か共通のポイントがあるように思うのですが,鍵となることは何なのでしょうか?。
   皆さん、お元気ですか?。この写真は、先日のお客さんのバーベキューの様子です。このコロナ禍でお客さんの受け入れをすることは、とってもとっても神経を使いました。私は、4回目のコロナワクチン接種は、8月1日に終わりました。お客さんを迎える午後、抗原検査も実施しています。そして、消毒液で手に触れるところのふき取りも行います。まだまだ、たくさんあります。明日から、東京に嫁いだ娘と孫が2泊する予定でしたが、連絡して相談の結果、日帰りにすることになりました。正直、ほっとしています。理由は、いすみ市のコロナ感染者数が多いこと、私が感染しても感染させてもいけないと考えているからです。生家への帰省の難しさを痛感させられました。どちらから、話し合いの切り口をすべきなのでしょうか?孫たちが楽しみにしているバーベキューなのですが・・・
   我が家の土手には、いま一列に並んでピンク色の花が咲いています。この花の名前は「ナツズイセン」言います。ずっと前から植えっぱなしで何も世話をしていません。夏になると、暑さに負けないで、咲いてくれます。不思議ですね。この花を見ると、私もへこたれていられないよ。頑張ります。という気持ちになります。だから草刈りが大変なのです。草と一緒に刈れないのです。残して刈るわけです。明日から、風雨が強くなりそうですが、倒れないでね。ファイト。
   私は、このメロンが大好きです。毎年、5月の種まきから栽培をしています。凄く甘くはありませんが、さわやかでさっぱりとした甘みがあります。この名前は「タイガーメロン」と言います。とにかく病気が出なくて栽培が簡単です。つまり、だれがチャレンジしても失敗することがありません、必ず実ります。緑の葉の中で、ゴロゴロ実っています。皆さんも来年やってみませんか。初めは、緑色の縦じまですがだんだんと黄色くなってきます。その頃が食べごろです。
   皆さん、お元気ですか?。4日ぶりのブログの更新となります。昨日まで、お客さんがいらっしゃったので失礼をしました。本日より再開をしまい。この間、知り合いの中でコロナ感染者がとっても多くなりました。宿泊客の皆さんが無事にお帰りになったことが何よりでした。この状態での宿泊業は、とっても気遣いが多くなります。勉強もせざるを得なかったです。最悪の状態も考えておかなければならないので疲れが、今までと全く違います。一人で営業する限界を、これほど感じたことはありません。この写真は、帰った後の洗濯ものを干しているところです。洗濯機は、全部で12回使用しました。つまり、一日中洗濯をしていたのです。シーツ・カバー類・タオルケット・タオルなどです。コインランドリーの乾燥は、天日干しには勝てません。だから、すべて自分でやっています。営業の見直しをしていきたいと考えています。  
   皆さんは、夏と言ったら何を思い浮かべますか?やっぱり、これかな?、これとは「花火」です。つい最近、近くの海岸で、久しぶりに「花火大会」がありました。ドカンドカンという音が聞こえてきました。でも、この写真は、宿泊客の皆さんが、我が家の空き地で打ち上げていた様子です。都会では、絶対にできないということでした。よかったね。里山に来て、できたんだから。線香花火も奇麗だったね。見せてくれてありがとう。
  〇〇ちゃん、よく来てくれたね。外は暑いけど、涼しげな服装ね。とってもお似合いよ。顔がお兄ちゃんお兄ちゃんになってきました。パパの誘導が上手だから、100万ドルの笑顔で走れたね。おばちゃんね、〇〇ちゃんの笑顔を見ると、200万ドルの顔になるんだよ。知っていたかな?ラッキー。(許可をいただいて掲載)
   先日、宿泊客を連れて「ハルウララ」と再会してきました。「ウーちゃん」と呼ぶと柵越しに顔を伸ばしてきました。「あっ、覚えてくれていたのね。」相変わらず、まつげがくるっと丸まって愛くるしいところが大好きです。今日は、外の柵ではなくて、部屋の中にいました。さて、なぜでしょう?。聞いてみたら、馬にも「熱中症」があるのだそうです。人間と同じだね。「ウーちゃん、大好きなニンジンを食べているかな。暑さに負けないでね。ウーちゃんは、高知競馬場で、レースに負けても負けても出場したもんね。その根性があるから、だいじょうぶだよ。」    
   全国の読者の皆さん、お元気ですか?。4日間もブログの更新をお休みしました。理由は、宿泊客の受け入れの準備が間に合わなくて頑張れませんでした。2日にイセエビの解禁でした。私は、食べるのは好きなのですが、持つのがとっても苦手です。後ろから行って「エイ。やったあ、捕まえられたぞ。」怖がることはなかったのですね。どうも、子供のころにザリガニに挟まれた記憶が残っていたので逃げていたのですが、初めてつかむことができました。お刺身にして食べようかな。イセエビさん、命をいただきます。
ブログ
08/03
   毎日テレビを見ていると、お昼前後に料理番組がとても多いのに気づきます。私は、よく見ます。その中の一つを紹介します。「アイスいなり」と言います。本当に簡単ですよ。誰でもすぐにできます。材料は、いなりずしを作るときの味付けをした皮、バニラアイスだけです。皮を広げてその中にバニラアイスを詰めていきます。冷たくて美味しいですよ。皆さんもチャレンジをしてみるといいですね。
   昨日は、伊勢エビの産卵期のため,2カ月間、禁漁だった伊勢エビ漁の解禁でした。この日を待っていました。朝、4時20分に家を出ました。5時前に到着したのですが、船がたくさん港に帰ってきました。船を岸まで上げたら、家族総出で網からイセエビを外します。L字型の金具を使いますが、網に絡まっているので、その作業はプロでないと難しいです。慣れた手つきでどんどん外していきます。家族の団結を感じました。おなかに卵を持っているイセエビもいます。みんな同じ色ではありません。茶色っぽいのは、もうすぐ生まれるよという印です。鮮やかなオレンジ色は、まだまだ生まれないということだそうです。何をやっても、自分の目で確かめることの大切さを感じた朝でした。漁師の皆さん、お疲れ様です。これから漁が続きますので、健康に気を付けて頑張ってね。  
   皆さん、お元気ですか?。私は、一昨日に4回目のワクチン接種を行いました。今朝、すっと起きられず、午前中の生活リズムがなかなか作られませんでした。でも、宿泊客もいらっしゃるし頑張るしかありません。何とかクリアーできてよかったです。この写真は、宿泊客用のタオルレットの天日干しの風景です。夏だからいいのですが、冬だったら2日に分けないと無理です。前日は、敷布団を干していますので、数日かかるということです。何をやっても見えない仕事はあるのです。説明をされなくても努力している人たちの姿が、見えるような人になりたいと日々考えています。
ブログ
08/01
   昨日の午前中に、朝釣ったばかりの「アジ」が届きました。ぴしぴししていました。今にも飛び跳ねるかと思ったくらいです。作るのは面倒なのですが下ごしらえが終わって、しょうがを入れて煮ました。新鮮と言うことは、こんなに美味しいのですね。ご馳走様でした。毎食、いただいています。
   私の姿を見るなり走ることもなく、びっこを引きながら歩く猫。どうして走らないの?「あれ、足首から下がない。」どこかで怪我をしたのね。「ごめんね。驚かせて。慌てなくていいから、ゆっくり歩いていいよ。」と声を掛けたら、見えなくなりました。怪我をしても、頑張って生きているのね。そうだね。くじけちゃだめだね。
   今日も暑かったですね。午前中に、宅急便が届きました。開けてびっくり玉手箱。何が入っていたと思いますか?。この写真のバックです。私は、御宿町にある「岩瀬酒造」の古酒が、JAL国際線ファーストクラスで提供されていた時からのファンでした。このお酒が好きだった人が多かったのです。私は、昔使っていた長い前掛けが欲しくて、社長さんにお願いしました。船橋にいる友達がデザインし作って送ってくださったのです。世界で一つしかないバックです。ありがとう。目の前に大きな大きな花火が打ち上げられたように感じました。だって、今日は、「花火」の日なのです。こんなに幸せな日があるのですね。このバックには、友だちの手の匂い、顔が映し出されます。最高のバックです。社長さん、お友達、ありがとう。    
ブログ
07/31
   皆さん、お元気ですか?。〇〇ちゃん、妹が生まれたからお兄ちゃんになりました。ふたり仲良しですね。顔もそっくり。どちらかと言うとパパ似かな?ちょっと、お洋服を見てくださいね。おそろいの柄ですよ。パパとママは、よく考えて購入しているのですね。幸せだよ。(許可をいただいて掲載)
ブログ
07/30
   ここのところ、海がとっても穏やかです。波も静かだし外房の海を楽しみにいらっしゃっている方も多いのではないでしょうか?今年は、海の家も建っています、海水浴客が元に戻るといいのですが・・・コロナがね。この写真は、勝浦の鵜原の理想郷近く海で撮影しました。波の浸食作用で岩に穴が開いたのですね。ここに朝日が差し込む写真を撮りたいのですが、どうも難しいらしいですね。
ブログ
07/30
   先日、ブログで極早生の稲刈りの様子を紹介しました。6日に宿泊客の皆さんがいらっしゃるので、是非食べていただきたくて購入をしてきました。品種は、「五百川」と言います。コシヒカリを掛け合わせていますね。この新米は、いすみ市のふるさと納税の返礼品として紹介されています。5キロ入りで2000円でした。物価は確実に値上がりしていますが、米価はなかなか難難しいのですかね。宿泊客の皆さん、楽しみにいらっしゃってくださいね。お待ちしています。
   全国の皆さん、お元気でいらっしゃいますか?本当に暑いですね。今日は、土曜日です。お休みの方も多いのではないでしょうか?。コロナ感染者数が拡大し、とっても心配をしています。私は、1日の月曜日に4回目のワクチン接種をしてきます。宿泊業を営んでいる関係でお客さんに迷惑をかけてはいけないからです。いすみ市も拡大しています。あら、私に可愛い孫が誕生したのかしら?。と思う方もいらっしゃるでしょうが、実は、知り合いの赤ちゃんです。もう1ケ月が過ぎ、体重も4キロを超えました。ちょっと、ずっしりと来ますね。とっても幸せな時間でした。ぷよぷよな皮膚、プリンプリンのほっぺ。どこに触れても、私とは全然違います。また来るね。(許可をいただいて掲載)
   昨日の夕方、勝浦に用事があり海岸線を走りました。ずっずっと地平線が続いていました。よく見ると、とっても雲の発生が面白かったので、撮影しました。波がとっても穏やかでした。漁師さんたち、頑張って出漁したかな?。8月になったら、エビ網漁が始まるから忙しくなりますね。イセエビのお刺身を食べたいな。甘くてトロリとしていて最高です。自分で捌けるようになったので、早くやってみたいです。
ブログ
07/29
   これだけの照りでは、朝方の苗の植え付けは不向きです。したがって、夕方の作業にしました。おそらく、最後のキュウリの植え付けになると思います。支柱は立てないで、地面を這わせるのです。その分、敷き藁をすることになります。これだけ、雨が降らないので、夕方だけ、畑に水まきをします。里芋・しょうが・ナス・キュウリは水を必要とする野菜です。水不足になるとキュウリは曲がってしまいます。耕作面積が広いので、水まきも時間がかかります。無農薬・有機栽培の野菜作りに、頑張ります。
ブログ
07/29
   妹が生まれて保育所に通うようになった〇〇ちゃん。今日は、とっても暑かったですね。おじいちゃんが大好きな〇〇ちゃんは、外に設置してあるプールで、水遊びです。象さんじょうろで水かけをしていました。何回も何回も繰り返しています。冷たいし気持ちがいいのね。私も遊びたいよ。今度来たら、一緒に遊ばせてね。ちょっぴり涼しくなったような気持ちです。(許可をいただいて掲載)
ブログ
07/27
   午後、ブルーベリーの収穫をしました。小粒なので摘み取りながら食べてしまいました。子供のころ、春になると、フキの葉をロート状にして、その中に、桑やキイチゴの実を入れて、歩きながら食べていたのが懐かしいです。口の周りを紫色にしてね。美味しかったな。明日からのおやつにします。小粒だけど甘いのです。  
ブログ
07/27
   皆さん、お元気ですか?。暑かったですね。私は早朝5時から畑の天地替えをやって肥料を入れて、マルチを張りました。キュウリの苗を植える準備です。その後、草刈り機を動かしました。風があったので涼しかったのですが、腰を回転させるので、疲れてしまいました。夕方の山の向こうは、とっても奇麗でした。夏水仙の向こうに見える夕日です。この風景は、我が家から見ることができます。
 スーパーでは、おいしい桃がたくさん並んでいます。テレビのニュースでは、桃やブドウの盗難被害が出ていますが、農家の人たちは、大変な苦労をされて栽培しているわけですね。収穫直前ですからショックは、大きいと思います。我が家の「黄金桃」も、色づいてきました。でも、まだ硬いのです。袋はかけないことにしました。手間がかかるからです。熟してくると、カブトムシが寄ってきます。甘いのを知っているのです。8月の上旬かな?。もう少し待ちますね。
   この写真は、いすみ市の隣の御宿町にある町営プールです。ここは、真水ではなく海水プールです。砂浜の近くに隣接された施設です。海が荒れているときなどは、最高だと思います。今年は、この施設も利用が出来るようになりましたね。近くには、「月の沙獏記念館」ゆ「ラクダ像」「記念塔」などがありますよ。きれいに砂浜ですから人気があります。童謡「月の沙獏」の歌の舞台ですからね。私は、大好きです。近年、サーファーも多くなりました。
     いすみ市では、「土着菌完熟堆肥センター」というところで、有機無農薬の作物づくりに最適な堆肥を作っています。私は、昨日予約してあったこの堆肥をとりにいってきました。このセンターでは元土着菌(米ぬか・黒砂糖・糸状菌・水)に1ケ月攪拌して、元土着菌を作っています。この元土着菌に、もみ殻・米ぬか・竹パウダー・豚ぷん・鶏糞・海藻・竹炭を入れて、やく1ケ月攪拌し、発酵が完了した土着菌完熟堆肥を販売してくれるのです。20kgで200円です。有機肥料ですから、とっても安いと思います。我が家の畑は、この肥料を使用し、農薬も全く使用していません。でも、虫は寄ってきます。だから、手やガムテープで始末するので大変です。完全にはできません。この栽培方法で作った野菜を宿泊の皆さんに提供しているから、都会の人から見たら、とっても贅沢かも知りません。野菜がみずみずしくて甘いですね。さらに、学校給食で使用する米は、この肥料を使っています。凄いでしょ。いすみ市は。写真は、発酵中の場面です。
   あっという間に稲刈りが終わりました。大型機械ですから、スピードがありますね。昔は、何日も何日もかけて手刈りをしました。今の作業は、本当に短時間で終わります。
   今日、午前中に出かけたら、なんとなんと田んぼでコンバインが動いているではありませんか。「えっ、稲刈りが始まったの?」もうびっくりしました。いすみ市は美味しい米どころとして有名です。その中でも広大な田んぼの耕作を引き受けている営農組合。我が家の田んぼも管理をしていただいています。とっても助かります。毎年一番早く稲刈りをします。品種は「五百川」と言います。もちろん早生品種ですね。販売もしていますよ。後1カ月たてば、稲刈りの真っ盛りでしょう。
   皆さん、1週間の始まりですね。リズムに乗れましたか?私は、退職してから11年になります。だから、今日が何曜日なのか分からないときがあります。予定表にしっかりと書き込まないと大失敗をすることがあります。気をつけなくちゃね。〇〇ちゃんのかぶっているキャップは凄いね。ライオンさんのキャップでしょ。すごくお似合いですよ。妹が誕生して、お兄ちゃんの顔になってきましたね。これからの成長が楽しみです。子供がいる家庭は、明るくていいな。うらやましいです。(許可をいただいて掲載)
   知り合いから、大きな大きな桃をいただきました。1個持っただけで、どっしりとします。それに、手のひらからはみ出るぐらいでした。直径が12センチありました。今朝冷やして食べたら、大きすぎて1回では食べきれませんでした。だから、2回に分けました。糖度も高くてこんなに美味しい桃は初めて食べました。幸せな時間でした。ご馳走様でした。ありがとう。普通サイズが、一番上の桃です。
   待ってましたとばかりに、セミの大合唱が聞こえています。〇〇ちゃん、妹が生まれたのでお兄ちゃんになったね。「いい子いい子ができるかな。」パパがおばちゃんに送ってくれた写真なのよ。よく似ているね。兄妹だもんね。お風呂から出てきたばっかり見たいね。きっと、気持ちがよかったのね。タオルに包まれて、ふっかふか。
     全国の皆さん、お元気ですか?。私は今、自分の敷地から外に出ないようにしています。早朝から畑に出ていることが多いです。草が凄いので、鍬で削っているのが現状です。さわやかな風が吹いてくるので、作業はしやすいのです。畑を一周してみると、緑色をしたデコボコな野菜が実っていました。「あっ、随分大きくなったね。」本当は、チャンプルにしたいのですが、私はオレンジ色になるまで待ちます。理由は、「スタミナゴーヤジュース」にしたいからです。写真は「ゴーヤ」でした。
   ここ数日の天気で、一気にこの写真の鳴き声が聞かれるようになりました。ところが、どこに隠れているのやらで、探すのが大変です。「あっ、いたいた。逃げないでよ。」私が近づくと、飛んで行ってしまいます。今日は、朝からずっと蝉の声を聞きながら一日でした。里山の良さかな?。  
   皆さんは、夏の花と言ったら何を想像しますか?。私は最近「アサガオ」と言うことが多くなりました。私が子供のころは一色でしたが、今はいろいろありますし、夕方近くまで咲いている品種も見ます。この写真は、私が種を購入して栽培しているアサガオです。数種類の色が混ざっていました。毎朝、起きてきてはアサガオと対面しています。「おはよう。アサガオさん。今日も元気でいようね。」が挨拶になっています。
   全国の皆さん、こんにちは。お元気ですか?。いすみ市も、新型コロナ感染者数が増えていて、ちょっと戸惑っています。毎日、「えっ。」と言う言葉しか見つかりません。すでに宿泊客の予約には、元気で帰られますように、神経を使っていきたいと考えています。今日、可愛い可愛いお客さんがいらっしゃいましたよ。保育園に通うようになり、妹も誕生したのでしっかりしてきましたね。自分でも理解しているのかな?。おもちゃを出しても、お片付けができるのです。箱のふたまでするのです。三つ子の魂・・・と言いますが、まさに今でしょうが大切なのですね。救急車のことは「キューキュー」消防車のことは「ウー、カンカン」と言えるようになっていました。ナス・キュウリ・トマト・コーンなどの言葉も言えます。小さい子供の成長は、できるようになったことだらけですね。私は、忘れることが多くなってきています。この違いは何だろうと考えてしまいました。お昼寝のツーショットです。いつまでも見ていられます。可愛すぎてね。(許可をいただいて掲載)
   昨日、「太東崎灯台」に行ってきました。すると、この白い花がたくさん咲いていました。この花の名前は、「ハマユウ」です。私は、その場で名前が分からなかったので、「グーグルレンズ」という無料アプリで、すぐに調べることができます。便利ですよ。「ハマユウ」は、ヒガンバナ科の多年草です。水はけがよくて、日当たりの良い場所を好みます。主に、温暖な海浜で見られます。花言葉は「どこか遠くへ」「汚れがない」です。夜間撮影をしたいけど、遠いから無理ですね。  
ブログ
07/21
   昨日の我が家の道路から見た夕日です。写真のスポットは、足元から頭のてっぺんまでたくさんあるのですね。見付けられるかが鍵ですね。本当は、ゆっくり楽しむことが、里山の新たな良さの発見になるかもしれませんね。ゆったりとした心で過ごしたいですね。
   この写真は、今日午前中の御宿町の海水浴場です。随分、人が多いなと思っていました。偶然なことが分かりました。御宿町と野沢温泉村の中学2年生の「海山交流」が、行われていたのです。これは、夏になると、野沢温泉村の中学生が、御宿町の海水浴場で泳いだり遊んだりするのです。その反対に、御宿町の中学生が、冬に野沢温泉村でスキー教室を行う行事です。私が知っている限りでは、もう20年以上続く交流行事です。今回は、3年ぶりの実施と言うことです。「よかったね。みんな楽しそう。白い砂浜で思いっきり遊んで、楽しい思い出を作ってね。」と祈らずにはいられませんでした。  
   昨日、私は料理のテレビを見ていました。ミョウガが材料でした。「えっ、もう、ミョウガが出ているの?。」と一瞬考えてしまいました。番組を見終わってから、我が家のミョウガ畑に行きました。「本当だ、出ている。でているよ。」もうクリーム色の花が咲いていました。ミョウガは、年に2回の収穫ができます。今頃が「夏ミョウガ」で、8月の下旬ごろが「秋ミョウガ」です。昨日は、ズッキーニとミョウガと鳥のもも肉を炒めてみました。とっても美味しかったですよ。学ぶことが多い日です。