「いすみ市」ならではの体験

我が家から車で10分の東地区では、源氏ボタルの

イルミネーションを見ることができます。

6月上旬ですが、それはそれはすごいです。

いすみ市には、星空ソムリエの資格を取得できる場所が

あります。もちろん我が家から見る満天の星空は感動しますよ。朝方の3~4時頃が一番と言われています。

初秋~冬に向けて

 

落花生の品種は「オオマサリ」。

塩茹でするといいです。

柿も色づき始めました。

これは「太秋」という品種で、大きい甘柿です。

 

12月に入ると、干柿づくりシーズンです。

渋柿を使います。元気が勝負になります。

雨が降って暖かくなると、シイタケが

ニョキニョキ出てきます。よく見に行かないと、

大きくなりすぎます。

ダイコン、水菜、サニーレタス、ほうれん草・・・。

冬野菜の収穫が近づいてきました。

冬至が近づく頃、ユズがたくさん実ってきます。

ユズの木にはトゲがありますが、あの香りは

何とも言えません。

春~夏に向けて
春です。春休みの子どもたちも
動き始めました。
手作りのボートやハンモックは、
ワクワク、ドキドキの遊びです。

 

  

ほら、ツバメも巣を作り始めました。
そっと見守り、観察しましょう。
春の畑は耕すことから始まります。
ミニ耕運機は女性でも運転しやすいです。
そして、草刈りも同時進行となります。

 

 

 

5月の連休の頃は、タケノコが数えきれないほど
顔を出します。掘り方があって難しい!
タケノコバーベキューは、おいしい!
露地のイチゴの収穫は、5月の連休の頃です。
真っ赤に実りました。
私はよく、イチゴ大福を作ります。
 
昨年の11月3日に種まきをしたソラ豆の収穫です。
都会では、高級野菜。ソラ豆スープは最高。
しとしと雨が降るようになると、青梅の収穫です。
梅干し、カリカリ梅、梅酒、梅ジュースなどに
加工します。
4月下旬に植え付けたキュウリ、ナス、ピーマンが
6月に入ると収穫です。
スイカの収穫は、8月下旬になります。
これは、黒いスイカですが、大きくなりますよ。
 
これは、タイガーメロンといいます。
4月下旬に種まきをしてから定植します。
失敗しないメロンです。甘くておいしいです。
秋ミョウガの収穫は、9月下旬。
ボコボコ出てきます。
薬味にしたり、甘酢漬けは最高。
農業体験の内容

◆四季を通して,いろいろな農業体験ができます。農地は,737㎡の畑と1580㎡の山林があり,四季に応じて無農薬の野菜作り・タケノコ堀り・梅や柿および栗の収穫体験ができます。

☆タケノコの朝堀りや料理もできます。☆梅ジュースや梅干し作りができます。☆干し芋や焼き芋作りができます。
☆休耕田でボート遊びができます。 ☆夏の花火遊びや星空の観察ができます。 ☆貸農園も可能です。

石臼

梅干し 干し芋
 石臼の体験ができます。
大豆の香りがプーンと臭い,おいし
そうです。

 梅干し作りができます。
塩を使わない梅干し作りは,簡単で
おいしいです。ジュースも作れます。

 干し芋作りができます。
サツマイモを加工し芋に,
ねっとりしてほっぺたが落ちそうです。

   
 サツマイモ掘りの準備です。 こんなに大きなサツマイモが取れました。  サツマイモがたくさん収穫できました。 
 
餅つきの風景です。 なかなか難しいですが,だんだん慣れてきました。